絵本の読み聞かせいつから始める?

赤ちゃん・育児

子どもに絵本の読み聞かせをするといいってよく聞くけど、それっていつから始めたらいいんだろう?と思ったことありませんか?
そこで今回は、絵本の読み聞かせを始める時期についてご紹介します。

絵本の読み聞かせはいつから始めたらいい?

絵本の読み聞かせは、いつから始めても大丈夫です。
胎教として、赤ちゃんがお腹の中にいる時から始めるママもいます。
生まれてすぐの赤ちゃんに読んでも、まだ目もよくみえていないのに大丈夫かな?と思うママもいるかもしれませんが、赤ちゃんは耳はよく聞こえているため、ママの声を赤ちゃんに届けるという意味でもどんどん読み聞かせをしてあげるとよいでしょう。
赤ちゃんの頃は、絵本の意味が理解できていなくても、大好きなママの声を聴いているだけで、子どもは安心するものです。
ママと子どものよいふれあいの場にもなりますね!

読み聞かせを始めるきっかけは?

先程読み聞かせはいつから始めても大丈夫とご紹介しましたが、そうはいっても具体的には?と思うママもいるかもしれません。
そこで、私の体験談をご紹介します。

私が子どもに読み聞かせを始めたのは、4ヶ月頃からです。
きっかけは、自治体が行っているブックスタートという取り組みで、4ヶ月検診の際、絵本をプレゼントしてもらったからです。
ブックスタートという取り組みは、現在(2018年7月)では1,029の市区町村で行われているため、ご存知のママも多いのではないでしょうか?
それまでは、赤ちゃんの身の回りのお世話に精一杯であまり余裕がなかったのですが、ここで絵本をいただいたのをきっかけに、少しずつですが、子どもへの読み聞かせを始めていきました。

どんな本を選んだらいい?

先程ご紹介したブックスタートでいただいた絵本が「じゃあじゃあびりびり」でした。
こちらは、子どもに一番最初に読み聞かせした絵本で、今でも大切にしまってあります。

赤ちゃんは、目があまりみえていないので、最初は絵が大きく、色がはっきりしていて、文字も単語の簡単な絵本がよいでしょう。
月齢や年齢に合わせて、徐々にステップアップして選んでいくとよいのではないでしょうか?
自分で選ぶのが難しいという方は、毎月月齢に合わせた絵本を届けてくれるサービスもたくさんあるので、上手に活用してみてください!

 

今回は絵本の読み聞かせ時期をご紹介しましたが、もし「私まだ絵本をちゃんと読んであげてない!」と不安になってしまったママも大丈夫です。
育児って本当に大変で、そんな余裕がない時もありますよね。
最初にお伝えしたように、絵本はいつから読み始めてもいいんです。
それぞれのペースがあるので、焦らずゆっくりと読み聞かせを始めてみてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧